アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「HWV141-150」のブログ記事

みんなの「HWV141-150」ブログ

タイトル 日 時
「キューピッドとふしだらなクローリが」の音源
「キューピッドとふしだらなクローリが」の音源 表題の「キューピッドとふしだらなクローリが」(Poiché giurano Amore e Clori infida)HWV148 を収録したCDが最近発売されたので、さっそく買い入れて聴いてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 20:11
「キューピッドとふしだらなクローリが」
「キューピッドとふしだらなクローリが」 ソプラノ用のコンティヌオ・カンタータということですが、残念ながら音源がありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/06 16:04
「やすおん」を聴く
「やすおん」を聴く 2か月ほど更新をサボっておりました。また頑張っていきましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/08 14:09
「ため息はつかない、泣いたりはしない」
「ため息はつかない、泣いたりはしない」 毎日、これでもか、とばかりに暑い日が続いています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2014/08/08 15:03
「おお、輝かしくも美しく」
「おお、輝かしくも美しく」 今回は規模が大きく、3人の登場人物が会話する、いわゆる「ドラマティック・カンタータ」と呼ばれるものを取り上げます。ドラマティックと言っても、「ストーリーに起伏があって大きく盛り上がる」わけではなく、単に「ドラマ仕立て」というだけの意味です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2014/07/24 14:43
「ああ、輝き澄み切った瞳よ」
「ああ、輝き澄み切った瞳よ」 今回はソプラノ用のコンティヌオ・カンタータ。 やや地味な作品のような感じがします。録音も、このサイトの筆者が知るところでは、マルコ・ヴィターレのCDがあるだけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/28 12:24
「平穏で静かな夜は」
「平穏で静かな夜は」 ヘンデルのカンタータにまた戻ります。 この作品はソプラノ用で、伴奏は通奏低音の他ヴァイオリンが二つ加わる、いわゆる器楽伴奏付きカンタータといわれるものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/29 15:48
「わが眼よ、お前たちは何をしでかした?」
「わが眼よ、お前たちは何をしでかした?」 今回はソプラノ用のコンティヌオ・カンタータです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/14 20:23
「私の彼が行ってしまった」
「私の彼が行ってしまった」 この作品はソプラノのためのカンタータです。 大きな規模のものではないですが、ヘンデルの他のコンティヌオ・カンタータと同様、これも魅力的な作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/27 20:53
「エロ と レアンドロ」
「エロ と レアンドロ」 この作品はタイトルから予想するものとは違って、終始ひとりの歌手(ソプラノ)が歌いますが、内容はドラマティック・カンタータといってもいいほどの劇的なものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/19 20:19
「おお、永遠の神々よ <ルクレツィア>」
「おお、永遠の神々よ <ルクレツィア>」 今回取り上げる作品は、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/04 21:29

トップへ | みんなの「HWV141-150」ブログ

ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える HWV141-150のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる