アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「HWV161-170」のブログ記事

みんなの「HWV161-170」ブログ

タイトル 日 時
「心に喜びが戻るよ」
「心に喜びが戻るよ」 例によって音源のない作品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 15:32
「苦しみにはもううんざり」
「苦しみにはもううんざり」 東京・代々木公園周辺には悪いウィルスを持った蚊が飛び回っているようです。 先日の新聞には、発症した人は55人、と書かれています。これらの方はすべてこの公園周辺で蚊に刺された2次感染者、ということですが、1次感染者(最初に海外からウィルスを持ってきた人)は発症しなかったのか、いまだに不明。今後3次感染者が出ないことを祈るばかりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/06 15:34
「私には感じられる」
「私には感じられる」 今回はコンティヌオ・カンタータです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/12 16:31
「素敵な孤独、愛すべき自由」
「素敵な孤独、愛すべき自由」 今回の作品はソプラノのためのもので、伴奏が通奏低音のみの、いわゆるコンティヌオ・カンタータです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/24 18:01
「くやしい気持にかさなって」
「くやしい気持にかさなって」 大震災から丸1年になろうとしています。 物質的な支援は個人にとって限界があり、ふりかえって見ると無力さを実感する日々でした。せめて東北地方の産品をできるだけ購おうなどと考えてはいるのですが。 また、今日3月10日は1945年の東京大空襲の日で、これも忘れられません。この日だけで、死者が8万人とも10万人以上ともいわれています。わたしも小さな子供でしたがこれに遭遇、親に手を引かれて逃げた記憶ははっきりと残りました。怖かったですよ。 個人情報の一端が明らかになってしまいましたけど。 この日の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/03/10 15:50
「露に濡れて咲く薔薇のよう」
「露に濡れて咲く薔薇のよう」 今回取り上げる作品は、アルトと通奏低音のためのものですが、ちょっといい歌詞だと思っています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/28 20:34
「私はジャスミン」
「私はジャスミン」 カンタータ歌詞とは関係ない記事がしばらく続きましたが、また歌詞の読み解きに戻ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/20 12:54
「不実な星!邪悪な運命!<G.B.の別れ>」
「不実な星!邪悪な運命!<G.B.の別れ>」 今回取り上げる作品は、ちょっと歌詞の内容にわかりにくいところが数あるように思えました。まあ、私(koh da saitama)だけの問題かもしれませんが。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/31 21:42
「炎の中で <忠告>」
「炎の中で <忠告>」 今回は比較的有名な作品です。ソプラノとオーボエ、リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバ、弦、通奏低音という編成で演奏されるカンタータで、CDもたくさん出版されています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/03 19:41
「夜が東から明け、陽が西に沈む限り」
「夜が東から明け、陽が西に沈む限り」 今回の作品は、音楽の守護聖人への表敬の音楽です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/27 21:27

トップへ | みんなの「HWV161-170」ブログ

ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える HWV161-170のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる