アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「HWV121-130」のブログ記事

みんなの「HWV121-130」ブログ

タイトル 日 時
「知っている限りの不行跡をなさい」
「知っている限りの不行跡をなさい」 この作品は音源がありません。 ソプラノ用のコンティヌオ・カンタータで、1708年にローマのルスポリ侯爵邸で作曲されたということです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 17:55
「フィレーノは遠くへ行ってしまった」
「フィレーノは遠くへ行ってしまった」 今回の作品は悲しい歌です。 彼氏に遠くへ行かれてしまった女性主人公の嘆きが主題になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 16:07
「あなた達から遠く離れているのに」
「あなた達から遠く離れているのに」 この作品は通奏低音のみで伴奏される、いわゆるコンティヌオ・カンタータですが、成立の事情については諸説あるようです。 三澤寿喜氏は、初稿(HWV126a)が1708年8月作曲のソプラノ用、第2稿(126b)もソプラノ用、第3稿(126c)はアルト用としています。 一方エレン T. ハリス女史は、もともとアルト用だがローマのルスポリ侯爵のところでソプラノ用に移調された、これは侯爵家の専属歌手だったマルゲリータ・ドゥラスタンティのためだったのではないか、初稿は別のパトロンのところでそれ以前に作曲さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/24 16:03
「喜ばせてくれるような美しい口に」
「喜ばせてくれるような美しい口に」 今回取り上げるのはソプラノ用で、通奏低音の他ヴァイオリンとオーボエも加わって伴奏しています。ただ、残念なことに楽譜の断片しか伝わっていないのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/30 15:09
「酷い考えはどこかへ行って!」
「酷い考えはどこかへ行って!」 今回取り上げる作品は、アルト用のコンティヌオ・カンタータです。伴奏は通奏低音のみで、オーケストラによって伴奏されるカンタータに較べて一見地味な感じですが、じっくり聴くとまことに味わい深いものがあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/14 16:31
「チェチーリア・カンタータ」3作
「チェチーリア・カンタータ」3作 「チェチーリア・カンタータ」とは何か? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/30 19:31
「喜ばしいそよ風<孤独>」
「喜ばしいそよ風<孤独>」 今回の作品はアルトのためのものです。伴奏は通奏低音のみ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/04 19:30
「あらゆるものが熱狂し」
「あらゆるものが熱狂し」 今回取り上げる作品は、ソプラノのための作品、伴奏は通奏低音のみの単純なコンテイヌオ・カンタータです。「単純な」とはいっても、いつも書いていることですが、作品そのものは「単純」などではなく魅力的なものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/07 21:12
「アポロとダフネ」
「アポロとダフネ」 今回は規模の大きい作品で、登場人物もふたり、オーケストラの伴奏があって、「劇的カンタータ」とも呼ばれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

2012/05/21 20:37
「美しい女神のようなあのひとから遠く離れていると」
「美しい女神のようなあのひとから遠く離れていると」 今回はソプラノと通奏低音用のカンタータです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/19 15:01

トップへ | みんなの「HWV121-130」ブログ

ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える HWV121-130のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる