アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「二、三重唱曲(ヘンデル)」のブログ記事

みんなの「二、三重唱曲(ヘンデル)」ブログ

タイトル 日 時
ヘンデルのカンタータおよび重唱曲 一覧
ヘンデルのカンタータおよび重唱曲 一覧 前回の記事「鳴り物ならせ、、お祝いしよう」をアップした時点で、カンタータと重唱曲の歌詞すべてに目を通したことになります。「鳴り物ならせ・・・」は信頼できる歌詞が見当たらず、抜粋のものでしたが。 2011年5月からのスタートなので、丸6年もが経過したことになります。われながら、テレテレやってきたものだ、とあきれている所です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/28 16:22
「何考えているの」
「何考えているの」 今回はひとつ残っている二重唱曲ですが、やはりCDなどは持っていないものです。 ただこの作品、ユーチューブ乗っかっていますね。それによると、かつてこれが収録されているCDが発売されていたらしいです。 ソプラノのサンドリーヌ・ピオーさんとバスのJérôme Correasさん(読み方がわからない)のデュエットが入っているもので、アリオン・レーベル、2001年頃に出たということ。 わたしはまったく気がつかなかったです。CDの画像も見覚えないものなので、完全に見過ごしてしまって... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/31 16:15
「なんと、私たちは地獄へ向かっているかのよう」
「なんと、私たちは地獄へ向かっているかのよう」 今回はソプラノとバスのための二重唱曲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/16 16:23
「君はこの胸に沢山の矢を」、「大変きびしく、すごく残忍」
「君はこの胸に沢山の矢を」、「大変きびしく、すごく残忍」 今回は二重唱曲です。 取り上げた2作品(ともにソプラノとアルト用で、伴奏は通奏低音のみ)は短いものですが、なかなか味のある作品だと思います。二、三重唱曲には人生訓風の歌詞のものも少なくありませんが、今回のはふたつとも愛の詩ですね。 いずれも1710年から1711年にかけてのハノーファー時代に作曲されたということです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/08 17:09
「私を悩ませてくれる人」、「恋する心よ、大切にして増やし」
「私を悩ませてくれる人」、「恋する心よ、大切にして増やし」 今回は久々に二重唱曲です。 いつも言っていることですが、これら二重唱曲・三重唱曲は短い作品ではあるものの、カンタータとはまた異なった魅力があります。短いとは言っても、歌詞の短さから受ける感じよりも演奏時間は長いのです。同じ歌詞の部分が何度も(旋律は変えて)繰り返し歌われたり、作品によってはダ・カーポ・アリア的に歌われることもあるので、演奏時間は短いものでも4分前後、長いものは10分くらいのものもあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/17 20:08
「風で軽くふるえる葉のように」、「恋をあきらめないと」
「風で軽くふるえる葉のように」、「恋をあきらめないと」 ひさしぶりに二重唱、三重唱曲を取り上げます。 これらの作品は地味な小品という感じのものですが、聴けば聴くほどじわじわとその良さがわかってきます。噛めば噛むほど味が出るスルメのよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/02 21:26
「ずっと見つめているよ」、「恋には喜びがある」、「静かに、ああ、静かにして」
「ずっと見つめているよ」、「恋には喜びがある」、「静かに、ああ、静かにして」 今回は二重唱曲ばかり3作品を取り上げましたが、すべてキューピッドが登場します。ただ、いずれの場合もあまり良くいわれていません。「キューピッド君、あんた最近評判悪いで」という感じです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/23 20:25
「鳩は悩んで、苦しんで」、「まことの恋のつながりは」
「鳩は悩んで、苦しんで」、「まことの恋のつながりは」 今回は二重唱曲ですが、取り上げた2作品ともにソプラノとアルトと通奏低音のためのものです。 ヘンデルの二重唱曲の例にもれず2作とも、二つの声が絡み合うように追いかけあうように進行していい感じになっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/20 20:05
「ああ、人生で一番の幸せは」、「心配事のない人は」
「ああ、人生で一番の幸せは」、「心配事のない人は」 今回は二重唱曲で、例によって短いので2作品同時に取り上げます。 以前にも述べましたが、これらを含む20作品あまりの二重唱曲(三重唱曲もあり)は、すべて短いもので、レチタティーヴォはありませんし伴奏も通奏低音のみですが、どれもこれも魅力的です。カンタータよりさらに地味なジャンルだと思われますが、その良さにおいてはカンタータに引けをとりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/10 19:51
「行ってしまえ、あてにならない望みは」、「海が穏やかに微笑んでいるとき」
「行ってしまえ、あてにならない望みは」、「海が穏やかに微笑んでいるとき」 今回は二重唱曲ですが、短いので2曲まとめて取り上げます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/07 20:08
「だめだ、あんたがたなんか信頼したくない」
「だめだ、あんたがたなんか信頼したくない」 今回取り上げる作品は二重唱曲です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/30 17:38
「夜明けに微笑むあの花は」
「夜明けに微笑むあの花は」 ことの発端は「オペラ対訳プロジェクト」というサイトの存在です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/12 16:49

トップへ | みんなの「二、三重唱曲(ヘンデル)」ブログ

ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える 二、三重唱曲(ヘンデル)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる