ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘンデルのカンタータおよび重唱曲 一覧

<<   作成日時 : 2017/04/28 16:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前回の記事「鳴り物ならせ、、お祝いしよう」をアップした時点で、カンタータと重唱曲の歌詞すべてに目を通したことになります。「鳴り物ならせ・・・」は信頼できる歌詞が見当たらず、抜粋のものでしたが。
2011年5月からのスタートなので、丸6年もが経過したことになります。われながら、テレテレやってきたものだ、とあきれている所です。

そんなブログでもずっと見守ってくださった方がわずかながらいらっしゃいます(五指に満たないでしょうが)。ここで御礼申し上げます。ありがとうございました。
(日本では)マイナーな作曲家ヘンデルの、そのまたマイナーな作品分野を取り上げたマイナーなサイトなので(マイナーの3乗)、興味をもってくださる方が少ないのは当然なのですが。

あらためてカンタータおよび重唱曲の作品番号順一覧表を下に記しておきます。
HWVは作品番号、HWV77 から177はカンタータ、178から201は重唱曲です。重唱曲のうち199までは二重唱曲、200と201は三重唱曲。

HWV番号にオレンジ色のマーク: 通奏低音に何らかの伴奏楽器が加わっている(最大はオーケストラ伴奏)、いわゆる器楽伴奏付きカンタータ。
HWV番号にピンクのマーク: 複数の登場人物が会話をかわす形式のドラマティック・カンタータ。
HWV番号にマーキングなし: 通奏低音のみで伴奏されるコンティヌオ・カンタータ。

HWV番号で抜けている、94、101、108、149、183、195は偽作ですが、108と183は記事にもしています。
最近トン・コープマンが世に出し、このサイトでも取り上げたHWV171aは、171の単なる異稿ではなく別作品とするべきもののように思われますが、この記事の筆者には当作品の真偽について判断ができません。

結局のところ間違いのない真作の数は、カンタータが98作品、重唱曲が22作品、ということになります。
HWV132aと132b,cは、作品番号は同じではあるものの、これら同士は別ヴァージョンや異稿という関係のものではありません。まったく別作品として分類されるべきものです。このことは以前にも書きましたが。

一番左の列、整理Noに黄色くマーキングしたのは音源がない作品です。もっともこれは、この記事の筆者が手に入れそこねただけで、過去にLPやCDで出版されていたものがあるかもしれません。


001 HWV 77 ああ、やはり間違いないのだ Ah! Che pur troppo è vero
002 HWV 78 ああ!やり切れない AH! Crudel nel pianto mio
003 HWV 79 狩りに行こう(狩の女神ディアナ) Alla caccia (Diana Cacciatrice)
004 HWV 80 あたしがバイバイと言って Allor ch'io dissi addio
005 HWV 81 アルプスの山よ Alpestre monte
006 HWV 82 可愛いアマリッリ(恋のいざこざ) Amarilli vezzosa (Il duello amoroso)
007 HWV 83 行かないでくれ(アミンタとフィッリーデ) Arresta il passo (Aminta e Fillide)
008 HWV 84 心地良くうれしいそよ風よ Aure soavi e liete
009 HWV 85 ご覧、ヴィーナスが泣きながら立っている!(ヴィーナスとアドニス) Behold where weeping Venus stands!(Venus and Adonis)
010 HWV 86 綺麗でいかにも内気そうなお姉さんよ Bella ma ritrosetta
011 HWV 87 いつも栄光を担いながら Carco sempre di gloria
012 HWV 88 親愛なる森よ、優しい風よ Care selve, aure grate
013 HWV 89 チェチリア様、一度ご覧ください Cecilia, vogli un sguardo
014 HWV 90 心の平和を奪ったのはだれ? Chi rapi la pace al core?
015 HWV 91 クローリ、君はぼくの目と心にとって Clori, degli occhi miei
016 HWV 92 クローリ、わが麗しのクローリ Clori, mia bella Clori
017 HWV 93 クローリ、クローリ、どこにいる? Clori, Clori, ove sei?
018 HWV 95 クローリ、チャーミングなクローリ Clori, vezzosa Clori
019 HWV 96 わが真ごころよ(クローリとティルシとフィレーノ) Cor fedele (Clori, Tirsi e Fileno)
020 HWV 97 アモール、無慈悲な人でなし Crudel tiranno Amor
021 HWV 98 時々空は Cuopre tal volta Cielo
022 HWV 99 あの運命の日から(恋に狂って) Da quel giorno fatal(Delirio amoroso)
023 HWV100 焼けつくような渇きに苦しんで Da sete ardente afflitto
024 HWV102 恋の苦悩と闘うことから Dalla guerra amorosa
025 HWV103 ああ!そっとしておいて傷つけないでください Deh! Lasciate e vita e volo
026 HWV104 これがわたしの美しい恋人の Del bell'idolo mio
027 HWV105 あの勇者のかすかな足跡を追って(棄てられたアルミーダ) Dietro l'orme fugaci(Armida abbandonata)
028 HWV106 教えて、心よ Dimmi, O mio cor
029 HWV107 木々よ花々よ、教えてくれ Ditemi, O piante
030 HWV109 恋の悩みも時には心地いい Dolc'è pur d'amor l'affanno
031 HWV110 それでは間違いないのね(亡き者にされるアグリッピーナ) Dunque sarà pur vero(Agrippina condotta a morire)
032 HWV111 結局お前は行ってしまうのか、私の命よ E partirai, mia vita?
033 HWV112 やるせない心から生まれたもの Figli del mesto cor
034 HWV113 数々の高い望みを背に Figlio d'alte speranze
035 HWV114 大切な可愛いフィッリ Filli adorata e cara
036 HWV115 様々な思いがあるうち Fra pensieri quel pensiero
037 HWV116 本当に沢山ある苦しみ Fra tante pene
038 HWV117 ヘンデル君、わたしのミューズは Hendel, non puo mia Musa
039 HWV118 私もキューピッドから逃げてきた Ho fuggito Amore
040 HWV119 楽の音鳴らせ、お祝いしよう Echeggiate, festeggiate
041 HWV120 イレーネは私の憧れ Irene, idolo mio
042 HWV121 心地よいそよ風(孤独) L'aure grate (La solitudine)
043 HWV122 この国は自由になったぞ(アポロとダフネ) La terra è liberata(Apollo e Dafne)
044 HWV123 喜ばせてくれるような美しい口に Languia di bocca lusinghiera
045 HWV124 ご覧ください、ハーモニーに優れた聖人様 Look down, Harmonious saint!
046 HWV125 酷い考えはどこかへ行って! Lungi da me, pensier tiranno!
047 HWV126 あなた達から遠く離れているのに Lungi da voi
048 HWV127 美しい女神のようなあのひとから遠く離れていると Lungi dal mio bel nume
049 HWV128 フィレーノは遠くへ行ってしまった Lungi n'ando Fileno
050 HWV129 知っている限りの不行跡をなさい Manca pur quanto sai
051 HWV130 あらゆるものが熱狂し Mentre il tutto è in furore
052 HWV131 偽りの希望は Menzognere speranze
053 HWV132 a 胸がドキドキ Mi palpita il cor
054 HWV132 b,c 胸がドキドキ Mi palpita il cor
055 HWV133 ああきれいなクローリ、あんたの眼の輝きに Ne'tuoi lumi, O bella Clori
056 HWV134 心地よい眠りのなかで(フィッリが夢で想うこと) Nel dolce dell'oblio(Pensieri notturni)
057 HWV135 すばらしい日々 Nel dolce tempo
058 HWV136 アフリカの森 Nell' Africane selve
059 HWV137 スミレとバラが Nella stagion che, di viole e rosa
060 HWV138 ニーチェはどうしている?どう思ってる? Nice, che fa? Che pensa?
061 HWV139 ニンフさんよ、牧人さんよ Ninfe e pastori
062 HWV140 けっして変わりはいたしません(スペインカンタータ) No se emenderá jamás(Spanish cantata)
063 HWV141 ため息はつかない、泣いたりはしない Non sospirar, non piangere
064 HWV142 平穏で静かな夜は Notte placida e cheta
065 HWV143 おお、輝かしくも美しく O come chiare e belle
066 HWV144 ああ、輝き澄み切った瞳よ O lucenti, O sereni occhi
067 HWV145 おお、永遠の神々(ルクレツィア) O numi eterni (La Lucrezia)
068 HWV146 わが眼よ、お前たちは何をしでかした? Occhi miei, che faceste?
069 HWV147 私の彼が行ってしまった Parti, l'idolo mio
070 HWV148 キューピッドとふしだらなクローリが Poiché giurano Amore e Clori infida
071 HWV150 あなたにここで会おうとは(エロとレアンドロ) Quel ti riveggio, O Dio(Ero e Leandro)
072 HWV151 いつもつれないけど Qualor crudele
073 HWV152 力のない眼を閉じる時 Qualor l'egre pupille
074 HWV153 心よ、こんなにも期待したことがあったか Quando sperasti, O core?
075 HWV154 夜明けに微笑むあの花は Quel fior che all'abla ride
076 HWV155 何も考えないまま Sans y penser
077 HWV156 そのうち君は満足するよ Sarai contenta un dì
078 HWV157 とても有難いことでしょうよ Sarei troppo felice
079 HWV158 君の真面目さが Se pari è la tua fé
080 HWV159 とんでもない運命のために Se per fatal destino
081 HWV160 君はやはり美しい Sei pur bella
082 HWV161 わたしには感じられる Sento là che ristretto
083 HWV162 露に濡れて咲く薔薇のよう Siete rose rugiadose
084 HWV163 素敵な孤独、愛すべき自由 Solitudini care, amata libertà
085 HWV164 ボクはジャスミン(ジャスミンの花) Son gelsomino (Il gelsomino)
086 HWV165 くやしい気持に Spande ancor a mio dispetto
087 HWV166 夜が東から明け、陽が西に沈む限り Splenda l'abla in oriente
088 HWV167 苦しみにはもううんざり Stanco di piu soffrire
089 HWV168 不実な星!邪悪な運命(GBの別れ) Stelle, perfide stelle (Partenza)
090 HWV169 心に喜びが戻るよ Torna il core
091 HWV170 炎の中で(忠告) Tra le fiamme (Il consiglio)
092 HWV171 あなたが貞節?心変わりしないって? Tu fedel? Tu costante?
093 HWV172 俺の忠告を聞けよ Udite il mio consiglio
094 HWV173 恋してしまった魂は Un'alma innamorate
095 HWV174 死に行く者へのため息ひとつで Un sospir a chi si muore
096 HWV175 キューピッドは知った Vedendo Amor
097 HWV176 キューピッドの胸に思いが(キューピッド鳥猟師になる) Venne veglia ad Amore (Amore uccellatore)
098 HWV177 やさしいそよ風さん、ちょっと止まって Zeffiretto, arresta il volo

099 HWV178 ずっと見つめているよ A mirarvi io son intento
100 HWV179 ああ、人生で一番の幸せは Ahi ! Nelle sorti uname
101 HWV180 愛には喜びがある Amor gioje mi porge
102 HWV181 心配事のない人は幸せだ Beato in ver hi puo
103 HWV182 私を悩ませてくれる人 Caro autor di mia doglia
104 HWV184 何考えているの Che vai pensando
105 HWV185 恋する心よ、大切にして増やし Conservate, raddopiate
106 HWV186 風で軽くふるえる葉のように Fronda leggiera e mobile
107 HWV187 なんと、私たちは地獄へ向かっているかのよう Giù nel tartarei regni
108 HWV188 鳩は悩んで、苦しんで Langue, geme, sospira
109 HWV189 だめだ、あんたがたなんか信頼したくない No, di voi vo'fidarmi
110 HWV190 だめだ、あんたがたなんか信頼したくない No, di voi vo'fidarmi
111 HWV191 海が穏やかに微笑んでいるとき Quando in calma ride il mare
112 HWV192 夜明けに微笑むあの花は Quel fior che all'alba ride
113 HWV193 恋をあきらめないと Se tu non lasci amore
114 HWV194 まことの恋のつながりは Sono liete, fortunate
115 HWV196 静かに、ああ、静かにして Tacete, ohime, tacete
116 HWV197 君はこの胸に沢山の矢を Tanti strali al sen mi scocchi
117 HWV198 大変きびしく、すごく残忍 Troppo cruda, troppo fiera
118 HWV199 行ってしまえ、あてにならない望みは Va, speme infida
119 HWV200 夜明けに微笑むあの花は Quel fior che all'alba ride
120 HWV201 恋をあきらめないと Se tu non lasci amore


現在の時点でのアクセス数ベスト5の記事を挙げると、

1.HWV122「アポロとダフネ」
2.HWV145「ルクレツィア」
3.HWV 88「親愛なる森よ、優しい風よ」
4.HWV154、192、200「夜明けに微笑むあの花は」
5.HWV 85「ヴィーナスとアドニス」

1位と2位と5位はテーマがよく知られているもので、同テーマの絵画・彫刻なども多いところからアクセス数が増えたと思われます。3、4位の2作品は単に、記事をアップしてから年数が経過しているのでアクセスも自然に増加した、というところでしょうか。

画像


上段左から
マギガンの「アポロとダフネ」、ジェラール・レーヌの「ルクレツィア」、アンナ・コロンディの「親愛なる森よ・・・」
下段左から
ジュリアン・ベアードのカンタータ「夜明けに微笑む・・・」、ブランディワイン・バロックの2・3重唱曲「夜明けに微笑む・・・」、ゼフィーロの「ヴィーナスとアドニス」。


このサイトの名前からすると、今後やることがなくなってしまったのですが、サイトを閉鎖することなくこのまま続け、主としてヘンデル関連の話題などを記して行こうかな、と思っています。まあ、忘れた頃思い出したように更新する、というこれまでどおりのやり方を踏襲することにはなるでしょうが。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに完走ですね!おめでとうございます♪♪♪
ヘンデルも「ようやってくれた!」と、天国から賛辞を送ってると思いますよ。
一覧表を見るとあらためて、こんなにたくさんあったんだなあ…と、6年間続けてこられたことに頭が下がります。
分かりやすくユーモアに富んだ訳文だけでなく、内容にちなんだ絵画の紹介など、本当に参考になりました。
これからはまた新たなスタートですね、更新を楽しみにしています。
REIKO
URL
2017/05/01 20:08
REIKOさん
いつもコメントいただき、ありがとうございます。
スタートした時点では3〜4年で終わるかな、と思っていましたが、6年もかかってしまいました。いかにダラダラやっていたか、ということですね。そのかわり楽しんでいる時期も長かったのですが。
ヘンデルが言うとすると「下手な訳文書きやがって。ま、ないよりましか」程度でしょう。
これからもぼつぼつ更新していきますので、よろしくお願いします。
koh da saitama
2017/05/02 17:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヘンデルのカンタータおよび重唱曲 一覧 ヘンデルのカンタータ  歌詞の意味を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる